最新情報

2020-01-10 00:00:00
■役員運転手ってきついの?仕事内容やきついと言われる理由について

 役員運転手は、会社の役員などのプライベート運転手です。仕事で活躍するためには、さまざまなスキルが求められます。ただ、役員運転手に興味はあるものの、「仕事がきつい」と考えている人も少なくありません。なぜ、役員運転手の仕事はきついと感じる人が多いのでしょうか。この記事では、役員運転手の業務内容や仕事がきついと思われる理由について解説します。

 

1.役員運転手の仕事内容

役員運転手の主な仕事内容は、会社役員などの重要なポジションの人を車に乗せて異動させることです。いわば「専属ドライバー」として勤務することになります。目的の場所まで無事に送迎したら、その後は役員の用事が済むまで待機することが一般的です。ただ、何時に仕事が終わるかは明確に把握できません。そのため、その待機時間内にどこかへ出かけることは、基本的にできないと認識しておく必要があります。

 

2.なぜ役員運転手はきついと思われるのか?

運転が好きな人にとって役員運転手の仕事は、魅力の多いでしょう。ただ、役員運転手は仕事がきついと思われがちです。なぜ、役員運転手の仕事はきついと思われるのでしょうか。その理由には、以下のようなものが挙げられます。

 

2-1.自分のことは後回し

役員運転手の仕事がきついと思われる大きな原因の一つは、「自分のことは後回しにしなければならない」ということです。役員運転手は、役員を目的地まで無事に送り届けることが主な仕事となります。基本的には、役員がどこかに出かけるときにのみ業務が発生し、その運転中以外は待機時間となることが一般的です。そのため、待機時間が長くなりやすく人によっては苦痛を感じてしまうことがあります。また、役員の用事はいつ終わるかがはっきりとわかりません。いつでも車に乗り込めるように、役員のことを第一に考えて、その場に待機することが必要です。基本的に、待ち時間は役員が快適に過ごせるよう車内の整理やメンテナンス、スケジュール確認などを行う必要があります。このように、「役員のことを最優先にして自分のことは後回しにすること」がきついと思われる要因になっているのです。

 

2-2.コミュニケーションを取らなければいけない

役員運転手として働くうえで、重要になるのが「コミュニケーション能力」です。車に役員を乗せて目的地まで異動する最中は、2人きりになる機会も多くあります。プライベートな空間では、役員と個人的な話をしたりさまざまな相談を受けたりするケースもあるでしょう。こうした会話をスムーズに行えるよう、ある程度のコミュニケーション能力が求められます。また、役員運転手は役員との話のなかで得た情報を、決して口外してはいけません。家族や友人などの親しい人にも話さず、秘密を守る必要があるのです。「聞いたことは、つい誰かに話したくなってしまう」「うわさ話が好き」という人は、このような制限がきついと感じる可能性があります。

 

2-3.高い運転技術が必要である

仕事で活躍するためには、「高い運転技術」が不可欠です。役員運転手は、人の命を預かる重要な仕事のため、常に安全運転を心がける必要があります。また、安全面に注意するだけではなく、役員が車内でリラックスできるように「乗り心地の良い運転」を心がけることが肝心です。自分では、運転技術に自信があったとしても、急発進をしたり急ブレーキをかけたりするような運転では、落ち着いて乗車することができません。また、役員によっては車内でも仕事を行うことがあります。業務に支障が出ないよう、注意して運転することが大切です。業務効率を高められたりリラックスできたりするなど、「役員が求めること」を正確に察知して、それに合う運転をすることが重要になるでしょう。

 

大変だがやりがいのある仕事

役員運転手は、「高い運転技術」「人当たりの良さ」「ビジネスマナーなど幅広いスキル」が必要です。時には、役員のスケジュール管理を任されることもあり、仕事内容がきついと感じることもあるでしょう。しかし、役員や社長などの要職と関わるなかで、得られるスキルや学べることも多くあります。役員運転手は、大変な仕事ですがやりがいを持って働ける魅力的な仕事です。興味がある人は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています