最新情報

2021-02-10 00:00:00
■秘書は派遣で雇うのがおすすめ!秘書を雇うメリット・派遣のメリットとは

 何かと忙しい業務をバックアップしてくれる「秘書」は、多くの企業にとって欠かせない存在になっています。秘書を雇うとさまざまなメリットを得ることができるため、おすすめです。なかでも、雇用形態としておすすめなのは「派遣」です。なぜ、秘書は派遣で雇うと良いのでしょうか。この記事では、秘書を雇うメリットや、派遣で雇うことのメリットについて紹介します。

 

1.秘書を雇うメリット

秘書を雇うと、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体例を見ていきましょう。

 

1-1.メイン業務に集中できる

秘書を雇う大きなメリットには、まず「メイン業務に集中できる」ことが挙げられます。経営者は忙しく、日々の業務に追われています。メイン業務以外にもさまざまな事務作業が発生し、時間をロスしてしまいがちです。このような場合にも、秘書がいれば経営者が直接担当しなくても済む業務を任せることができます。すると、乱雑な仕事から解放され、経営者はメイン業務だけに集中できるようになるのです。その結果、経営の基盤となる意思決定などもよりスムーズに行えます。

 

1-2.仕事の質が上がる

秘書を雇うことによって、「仕事の質が上がる」ことも大きなメリットです。秘書に雑務を統括させている経営者も多くいます。優秀な秘書であれば雑務をこなすだけではなく、クオリティチェックまで任せられるため安心です。さらに、秘書によるダブルチェックを実施すれば、業務の品質向上にもつなげられます。

 

1-3.精神的に頼りになる

秘書がいると、パートナーとして「精神面をフォローしてもらえる」ことがメリットです。経営者は企業を存続させるための重要な役割を持っており、何かとストレスや負担を感じやすいものです。特に、会議や会合などがある場合は忘れないようにする必要があり、気持ちが張り詰めてしまうこともあります。このようなときにも、秘書がいればスケジュール管理やそれにともなう雑務を任せられ、精神的な負担を軽減できます。また、困ったときや悩んだときに相談にのってもらったり、気軽に雑談を楽しんだりできることがメリットです。ビジネスの相棒として、頼れる存在になってくれるでしょう。

 

2.派遣で雇うのがおすすめ

秘書を派遣で雇うと多くのメリットを得られます。主なメリットには、以下のようなものがあります。

 

2-1.教育する必要なし

派遣で秘書を雇う場合、「教育する必要がない」ことがメリットです。秘書は来客や顧客への応対、さらに連絡業務などを担当するケースが一般的です。このような社外の相手に対し、どのような状況・立場であっても、決して不快感を与えないビジネスマナーが求められます。こうしたビジネスマナーを社員に身に付けてもらうには、教育が必要です。しかし、どうしてもその教育を行うための費用や手間がかかってしまうという問題があります。その点、派遣でもともと経験が豊富な人材を雇用すれば、教育を行う必要がありません。さまざまなシーンにあわせた対応力が身に付いていることが多く、安心して業務を任せられます。

 

2-2.信頼できる質

派遣のメリットは、何といっても「信頼できる質」にあります。秘書の仕事はコミュニケーションや実務のスキルだけではなく、誰にでも好印象を与えられるような、雰囲気の良さが必要です。派遣会社の秘書は厳しい審査に合格しており、マナーや身だしなみに関する研修を受けていることもあります。そのため、秘書に求められる基本的な要素が備わっていることが多いのです。派遣であれば、こうした質の高い秘書を派遣してもらえます。

 

2-3.ニーズに合わせて派遣される

派遣は「ニーズに合わせた人材を紹介してもらえる」ことも魅力です。秘書を採用しようと思っても、いざとなると「どのような仕事を任せればいいのか」「どのような人が自社に合っているのか」と悩んでしまう経営者も少なくありません。このような場合も、派遣会社に相談すれば自社のニーズに合う人材を派遣してもらうことができます。プロの目による人選と、採用のアドバイスを得られることがメリットです。あらかじめ要望をヒアリングしたうえで、十分なスキルと経験を持つ人材を紹介してもらえます。

 

秘書の派遣ならトランスアクト

秘書を雇うことで、メイン業務に集中しやすくなる、心強いビジネスパートナーになってくれるなど、さまざまなメリットを得られます。なかでも、派遣は質が高く信頼できる秘書を紹介してもらえるためおすすめです。人材派遣サービスの「トランスアクト」では、その企業の要望に合わせた質の高い秘書を紹介しています。派遣で秘書を雇いたいと考えている場合は、トランスアクトを利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

Chauffeur・Secretaryに関する「TransACT America Inc.」の記事も読まれています


2021-02-05 00:00:00
■第1回 無担保社債(私募債)発行のお知らせ

弊社グループ企業の株式会社トランスアクトは令和2年12月30日、第1回 無担保社債(私募債「株式会社みずほ銀行・東京信用保証協会共同保証付」)総額3千万円を発行いたしましたのでお知らせいたします。

 

 

株式会社トランスアクト(代表取締役 橘 秀樹) 第1回 無担保社債

 

(1) 発行金額:30,000,000円

(2) 発 行 日 :2020年12月30日

(3) 償 還 日 :2025年12月30日

(4) 償還期間:5年

(5) 発行代理人: 株式会社みずほ銀行

 

【証券保管振替機構】銘柄公示情報(一般債)

社債、株式等の振替に関する法律(平成13年法律第75号)第87条に基づく一般債の内容の公示

https://www.jasdec.com/reading/sbmei.php?error_flg=&todb=ok&isin=JP90B004ZMB7&mei=&nexts=&offset=&rowcntmax=&linkno=1

 

 

無担保社債(私募債)の発行に際しましては、財務内容、収益性について厳しい審査基準を満たす事が必要であり、今回の発行により弊社の成長性及び健全性に対して優良企業としての評価がなされたものと認識しております。

 

また弊社は本資金を、

①お客様満足度向上の為の投資

②人材育成と教育支援への投資

③新しい生活様式に対応する業務環境への投資

に重点的に活用して参りたいと考えております。

 

弊社は対外的に期待される信用と健全な財務体質を生かし、今後も更なる業容拡充に向けて邁進して参ります。


2021-02-01 00:00:00
■役員運転手として働くのは難しい?運転手に必要なことについて紹介!

役員運転手の仕事は、他のドライバー職と比べて特別難しいわけではありません。しかし、企業のVIPを乗せて走るため、多くの人は「なんとなく難しい仕事」というイメージを持ってしまいがちです。その結果、役員運転手の職を選択することをためらってしまう人もいるのではないでしょうか。そこで、今回は役員運転手にとって必要なことを紹介していきます。

 

1.役員運転手に必要なこと!

役員運転手とは、特定の企業に所属し社長や役員の送迎を行うドライバーを指します。その点を踏まえたうえで、役員運転手が身につけておくべきことを4つのポイントに分けて解説していきます。

 

1-1.安全運転

役員運転手として、まず心掛けなければならないのは安全運転です。安全運転は、すべてのドライバーにとって遵守すべき事柄ですが、役員運転手の場合は特に重要な意味合いを持っています。なぜなら、車に乗っているのは会社の役員だからです。万が一の場合は、会社全体に大きな影響を及ぼす可能性があることを十分に自覚しておかなければなりません。ちなみに、役員を乗せていることで、役員ばかりに注意がいってしまう人もいますが、それも問題です。役員に対しての気配りはもちろん大切ですが、それ以上に事故などに巻き込まれないよう周囲に気を配る必要があります。常に、安全運転を心掛け、役員を目的地まで無事に送り届けることが役員運転手にとって最優先事項という事実を忘れないようにしましょう。

 

1-2.車の整備

安全運転を実現するには、運転中の注意だけでなく車の整備状況も同様に重要になってきます。なぜなら、いくら運転手が注意深く運転していても車両自体が整備不良では事故を起こすリスクを高めてしまうからです。したがって、車両の整備方法については一通り知っておく必要があります。そのうえで、運転していないときでも日ごろから車の整備をしておくのが役員運転手の仕事です。特に、役員を乗せて遠方まで運転する場合は、タイヤの空気圧などのチェックを怠ってはなりません。また、車の中で役員に快適に過ごしてもらうために、車内清掃や窓ふきなどもこまめにしておきましょう。

 

1-3.無事故無違反

役員に安心して乗ってもらうためには、無事故無違反を心掛けるのは当然です。ちなみに、運転手採用時にはある程度の運転実績が求められます。その際、高度な技術を有していることの証となるのが無事故無違反を示すゴールド免許です。したがって、役員運転手を目指すのであれば、応募する前から事故や違反を起こさないように注意しながら車を走らせることが重要になってきます。また、役員運転手になってからも業務中の安全運転だけでなく、プライベートでの運転でもゴールド免許が維持できるように努力しなくてはなりません。

 

1-4.地理の把握

役員運転手は、安全運転と同時に時間通りに役員を目的地まで届けることが求められます。例えば、大事な取引があるのに時間に遅れるようなことがあれば、会社にとって大きな損失につながりかねません。そうした事態を防ぐには、何よりも目的地周辺の地理を把握しておくことが大切です。しかし、いくら移動ルートを頭の中にたたきこんだとしても、初めての場所に行く際には不安がつきまといます。そういう場合は、事前に下見をするのを忘れないようにしましょう。現在では、多くの車にカーナビが搭載されているとはいえ、こみ入った場所では迷うことも少なくありません。土地勘のない場所の場合、目的地までスムーズに到着できるようにするには下見をしておくと安心です。

 

役員運転手の仕事を理解しよう

役員運転手の仕事は決して難しくありませんが、こなさなければならないことが多いのは事実です。その点を把握していないと思わぬ失敗をしてしまうことにもなりかねません。ミスマッチを防ぐためには、役員運転手がしなければならない事柄をあらかじめ知っておくことが大切です。そのうえで、「自分がそれをこなせるのか」「ずっと働いていてきつくないか」などを考えていきましょう。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

Chauffeur・Secretaryに関する「TransACT America Inc.」の記事も読まれています


2021-01-20 00:00:00
■ビジネスの頼れる相棒に!役員秘書の仕事内容と雇うメリット

役員という仕事は、責任が重く重要な役割を担っています。多忙な人も多く、「スケジュールや業務の管理が大変」という人もいるのではないでしょうか。役員秘書はこのような忙しい役員をサポートしてくれるためおすすめです。この記事では、ビジネスの心強いパートナーになってくれる役員秘書の主な仕事内容や、雇うメリットについて紹介します。

 

 

1.役員秘書の仕事内容とは

役員秘書の仕事内容は多岐にわたります。まず、基本的な業務には「電話や来客の応対」が挙げられます。来客のアポイント調整や、訪問時にお茶出しなどの業務を行うことが一般的です。さらに、「スケジュール管理」も秘書の重要な仕事の一つです。役員が自らスケジュールを管理して秘書に共有するパターンと、秘書が予定を入れて役員に伝えるパターンがあります。また、「出張手配」も行います。役員のスケジュールをあらかじめ把握しておき、飛行機や列車などの交通手段を手配するのです。それ以外にも、役員に届いたメールチェックや資料作成などの業務を担当します。パワーポイントなどを使って、ビジネスに必要な資料作成を行うことが多いでしょう。

 

2.役員秘書に必要なスキルとは

上記の業務を問題なくこなすためにも、役員秘書にはさまざまなスキルが求められます。まず挙げられるのが、WordやExcelなどのパソコンスキルです。Officeソフトを扱うスキルは役員が使う資料を作成するうえで必要であり、メールやインターネット検索などの基本的な操作も当然知っておかなくてはなりません。資料やメールはビジネスにふさわしい言葉遣いで書くことになるので、ビジネス文書に精通していることも重要なポイントです。

外資系企業や海外に商品を輸出している企業など、勤務先によっては語学力が求められることもあります。特に英語は需要が高いので、身に付けておいても損はないはずです。次に、情報を取捨選択して適切に管理する情報管理能力も秘書に必要なスキルの1つです。特に、上司のスケジュールに関する情報の管理は慎重に扱う必要があります。最後に、人間関係を円滑にするためのコミュニケーションスキルも欠かせないスキルです。上司と関係者の間をうまく取り持ち、誰にでも好感を与えられる秘書は重宝されます。

 

3.役員秘書になるメリットとは

役員秘書になるメリットとしてまず挙げられるのが、ビジネスマナーや丁寧な物腰が身に付くことです。役員のサポートをするという業務の性質上、役員秘書は常に一流の人たちの周りで働くことになります。来客対応や接待を通して自然とビジネスにふさわしい態度が身に付き、自分のスキルアップにもつながるでしょう。ビジネスマナーや丁寧な物腰は、秘書以外の仕事でも大いに役立つはずです。

また、普段はなかなか関われない経営層と接することができるのも秘書業務の魅力だといえます。事務職などで働く場合、経営層と接するような機会はほとんどありません。企業を動かす役員と日常的に関われるのは秘書の大きなやりがいの1つです。

そして、役員秘書には誇りを持って仕事に取り組めるというメリットもあります。子供の頃から秘書に憧れを抱いていた人も少なくないのではないでしょうか。憧れの対象となるような職業に就き、役員を陰から支える役割を担えば、誇らしい気分になれるはずです。

 

4.役員秘書になるデメリットとは

役員秘書になることには数多くのメリットがありますが、一方でデメリットもないわけではありません。まず、役員秘書は役員の都合に合わせて働く必要があります。役員が夜遅くまで働く場合は自分も残業しなくてはならないため、プライベートの予定を入れられないときもあるでしょう。少し席を外すときも他の秘書などに声をかけて代役を頼む必要があり、何かと気を使います。また、秘書は役員と二人三脚で仕事をします。役員の性格を把握し、何を求めているのか常に考えながら働かなければならない点も秘書業務の大変なところです。その他、秘書室での人間関係に悩むこともあります。大企業では何十人もの秘書が働いており、主に女性が多いので、女性同士の関係に息苦しさを覚えるときもあるはずです。

 

5.役員秘書の平均年収とは

役員秘書の平均年収は、正社員で400~450万円程度といわれています。月給に換算すれば35万円前後ということになるでしょう。なお、派遣社員の場合、平均時給は1700円程度です。ただし、年収や時給は勤務先やスキルによって大きな幅があるので一概にはいえません。担当する役員に合わせて毎日のように残業しているなら当然年収も高くなるでしょう。また、英語が堪能に話せたり、業務遂行能力を高く評価されていたりする秘書は給与も高い傾向にあります。

 

6.役員秘書に向いている人の特徴とは

役員秘書に向いているのは、まず誰に対しても気配りができる人です。秘書が役員の周りにいる人全員に気配りをしてくれると、役員はより働きやすくなります。また、役員が何を求めているのか察知し、先回りして行動できることも大切です。役員は非常に多忙であり、やるべき仕事を事細かに指示している時間はありません。そのため、必要な業務を自分で判断し、済ませておいてくれる秘書は高く評価されます。

次に、ハプニングがあっても落ち着いて行動できる人も役員秘書に向いています。他社の重役が急に訪問してくる、スケジュールがキャンセルされるなど、秘書の仕事に不測の事態はつきものです。ハプニングが起きたときに慌てて何もできなくなってしまう人が秘書の仕事を問題なくこなすのは難しいでしょう。常に心に余裕を持ち、ハプニングにも冷静に対処できる人材が求められています。

そして、会社の重要人物と毎日のように接する秘書は、会社の機密情報を知りやすい立場だといえます。そのため、会社の秘密を外部に漏らさない口の堅さも重要です。情報の伝え方がうまい人も役員秘書に向いているでしょう。多忙な役員の時間を無駄にしないためにも、必要なことだけをコンパクトに報告できる能力が必要とされます。

 

7.役員秘書を雇うメリットとは

役員秘書を雇うと、どのようなメリットを得られるのでしょうか。具体的なメリットには、以下のようなものが挙げられます。

 

7-1.メイン業務に集中できる

秘書を雇うことによって、役員は自分の「メイン業務に集中できる」というメリットがあります。役員は企業の方針を決めたり、取引先の幹部と話し合いを行ったりするなど、事業継続における重要な業務を担うケースも多いものです。しかし、忙しい役員はメイン業務以外にもさまざまな事務作業に追われ、「メイン業務が思うように進まない」ということも少なくありません。このような場合にも、秘書がいれば乱雑な業務を任せられます。役員が直接行わなくても問題のない業務を秘書に任せることで、メイン業務だけに集中できる環境をつくれるのです。

 

7-2.雑務を統括してくれる

役員秘書を雇うと「雑務を統括してくれる」ことが大きなメリットといえます。電話やメール応対、さらにスケジュール管理や文書作成など、日々の雑務は多岐にわたります。役員はこれらの業務を統括する必要があるものの、メイン業務の片手間で処理することは、非常に大変なことです。こうした膨大な雑務は、秘書に統括させている役員も多くみられます。優秀な秘書を雇えば、ただ雑務を処理するだけではなく、クオリティチェックまで徹底してくれるため安心です。秘書が正確に雑務を振り分け、適切な指示を出すことによって、役員が自ら行う場合と遜色のない成果を期待できます。

 

7-3.ビジネスの相談相手となる

役員はその立場上、なかなかほかの社員と「本音で話せない」ということがあります。ビジネスには悩みがつきものです。しかし、その悩みを相談できる相手がいないという、孤独やストレスを感じるケースも少なくありません。このような場合にも、秘書がいれば「ビジネスにおける良い相談相手」となってくれます。秘書は経営者や役員とのやり取りが主であり、企業の上下関係や派閥などにも関わりのない立場です。そのため、しがらみもなく気軽に話すことができます。機密保持の面でもしっかりと配慮してくれるため安心です。また、秘書をビジネスやプロジェクトなどの相談相手にすれば、客観的な意見を聞くことができます。信頼できる相手に相談することで、業務を多角的な視点で進められるようになるでしょう。

 

 

■役員秘書はビジネスのパートナー

役員秘書を雇うことによって、さまざまなメリットを得ることができます。ただ雑務を任せるだけではなく、ときには相談相手になってもらうなど、ビジネスの頼れるパートナーとして活躍してくれるでしょう。人材派遣サービスの「トランスアクト」では、質の高い秘書の紹介を行っています。トランスアクトを利用して、優秀な秘書を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

Chauffeur・Secretaryに関する「TransACT America Inc.」の記事も読まれています


2021-01-15 00:00:00

役員運転手派遣・役員秘書派遣サービスを行う「トランスアクト(TransACT)」の公式アプリが新登場!

 

200321193308-5e75ed64a6066.jpg

 

 

クライアント様・登録スタッフ様向けに、お仕事案件などの最新情報をプッシュ通知でお届けします!

トランスアクト公式アプリでは「質の高い運転手や秘書」と「企業」のマッチングをサポートしています。

 

 

*———————————————————————*

トランスアクト公式アプリの機能紹介

*———————————————————————*

■役員運転手や役員秘書の派遣依頼をチャットでサポート

■役員運転手や役員秘書の派遣依頼・応募情報をプッシュ通知で配信

■役員運転手や役員秘書に必要な「気配り・心遣い・おもてなし」を動画やコラムで配信

 

※トランスアクト(TransACT)公式アプリは無料です。

※プッシュ通知について

最新情報をプッシュ通知でスマートフォンにお届けします。アプリの初回起動時にプッシュ通知を「ON」に設定するようにお願いします。なお、ON・OFFの設定は後からでも変更できます。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...